かわいいカット

トリミングコンテスト受賞トリマー在籍。つい自慢したくなるような可愛いお顔とスタイリッシュなボディをデザインします

豊富な知識で安心

犬にやさしいのは”気持ち”だけでなく確かな知識が大切です。本当の「いぬのため」を追求しています

些細なご相談も

飼い主さまと一緒にわんちゃんの生活をより良くするためサポートをいたします。お気軽にお問い合わせください

ドッグサロンアメジストは
わんちゃんの美容と健康のためのトータルケアサロン

●自慢したくなるような可愛いカット●
●皮膚被毛に優しいスキンケア●
●毎日の生活がすごしやすくなるヘルスケア●
●ストレスを最小限にハートフルケア●

それぞれのわんちゃんにベストな方法でトリミング
大切なご家族が長く元気に生活できるようサポートいたします

◆洗練されたカットスタイル

各地トリミングコンテストで多数受賞歴のあるトリマー在籍。
王道から流行のスタイルまで…丁寧にカウンセリングしお客さまのご要望にお応えします。

お顔立ちや毛質を考慮し、より可愛くなれるようカットいたします。
ヘアカタログもご用意しておりますので、イメージをお伝えください。
また、スタイルを長持ちさせるために、ご自宅でのブラッシングなどアドバイスもいたします。ご希望の方は普段お使いのブラシ等をご持参ください。

◆シャンプーへのこだわり

ご自宅用のBOKUMO.小売用シャンプーも販売しております

多くのペット用シャンプーには”低刺激”と表記がありますが、実際の成分をみると脱脂力や刺激性の強いものがほとんど…。
ペット用シャンプーは法的に全成分表記義務がありません。
その中でもこだわって作られた、全成分が表記された本当に信頼できる低刺激シャンプー剤を使用しております。

当店はBOKUMO.シャンプー正規取扱店です。
【取扱店舗はメーカー承認制で、スキンケアの知識を有したサロンのみが扱える特別なシリーズです】

メインシャンプー
…BOKUMO.シャンプー(全成分表記/化粧品登録)
…BOKUMO.フェイスフォーム(全成分表記/化粧品登録)

メインコンディショナー 
…アニマー湯ケアコンディショナー(全成分表記)

サブシャンプー 
…SKIMO(全成分表記)

保湿
…BOKUMO.スキンケアローション(全成分表記/化粧品登録)
…BOKUMO.スキンケアミルク(全成分表記/化粧品登録)
…パラソルヘルスケアセラミドジェル(全成分表記)

◆微粒子保湿ケア 全コースにサービス

わんちゃんの皮膚は人間の赤ちゃんよりも薄く繊細なのをご存知でしたか?

さらに、人間のように毎日お風呂に入るわけではないわんちゃんは、本来赤ちゃんよりも少ない刺激でスキンケアをしてあげる必要があります。
女性の皆様が洗顔後に化粧水をするのと同じように、わんちゃんもシャンプー後に適切な保湿をしてあげることで健康な皮膚と被毛をケアすることができます。

当店では、人間のプロメイクなどでも使用されるエアブラシマシンを導入し、通常のスプレーよりもさらに微粒子状にした保湿剤(BOKUMO.スキンケアローション・スキンケアミルク・パラソルヘルスケアセラミドジェル)を全身に噴霧しております。
これまでは有料オプションでのサービスとなっておりましたが、乾燥・脂漏・かゆみのあるわんちゃんはもちろん健康な皮膚の子にもずっと綺麗な皮膚をキープしていただくため、全頭導入することにいたしました。

◆爪切り・耳掃除・肛門腺絞りの必要性

そして、トリミングではオマケ作業とされがちなベーシックにもアメジストはこだわりを忘れません

爪切り

爪が伸びると、足腰に負担がかかるのはご存じでしたか?
関節の弱い小型犬や、ヘルニアになりやすい短足犬は特にこまめに爪を切るようにしましょう。
しかし、爪切りはトリミングの中でもわんちゃんが嫌がる作業No.1。できるだけストレスを減らし、様々な技法や道具を使い分けています。
これまでたくさんのわんちゃんの爪切りのトラウマを克服させていただきました。
爪切りが苦手なわんちゃん、お気軽にご相談ください。

耳そうじ

たれ耳は蒸れて汚れが溜まりやすく、立ち耳でも健康状態によっては汚れている子も多いので、健康チェックの意味でもプロによる耳そうじは大切です。
従来は、耳の中の毛は抜くのが一般的でしたが、最近では専門医からも耳毛は抜かない方が良いといわれるようになりました。
アメジストでは、基本的にお耳の毛は抜かずにそのまま又はカットして個々のお耳の状態に合わせてケアします。

肛門腺

わんちゃんには本来、縄張りにニオイをつけるため肛門腺と呼ばれる分泌物がオシリにあります。
しかし、ペットとして飼われるようになってから肛門腺を分泌する必要がなくなり、溜まるようになってしまいました。
なので人の手で肛門腺を絞り出してあげないと、雑菌が入って膿んだり、肛門嚢が破裂する危険性があります。おうちではなかなかできない肛門腺しぼり。
コツも要るし、痛がるわんちゃんも多いです。アメジストでは、できるだけわんちゃんが痛くならないようケアします。

おうちでの日々のお手入れ

もちろん飼い主様ご自身でブラッシングなど、日々のケアも大切です。

また、ご自分でシャンプーをされる方は、洗い残し・すすぎ残し・半乾き状態になってしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり皮膚病の原因に。
皮膚病になればニオイが気になったり、かゆみや痛みがでます。また、医療費も余計にかかってしまう場合があります。

定期的に正しいケアをしてあげることが大切です。ブラッシングのアドバイスもいたします。お気軽にご相談ください。

PAGE TOP
MENU